沖縄の事

沖縄のコロナの現状【医療従事者が働けない】

スポンサーリンク

先週からコロナ感染が急拡大しており、1月7日時点で広島・山口及び沖縄にまん延防止等重点措置が実施されてる。

感染者は1月8日1759人、1月12日は1644人で過去2番目の多さとなった。

沖縄で現役看護師をしている私が今感じている事と、沖縄の現状をお伝えしたいと思う。

 

まずはニュースで【沖縄の感染者の増加率が凄まじい】【コロナの症状は風邪に近く、また現在病床使用率は現在◯%で重症率は◯%です】と毎日のように流れている。

確かに何かを評価する時、それを表して示す時は必ず数値化は必要かと思う。

ニュースでは医療逼迫体制を病床使用率や重症率で報道されているが、現在私たちが困っている事は感染者の拡大に伴って医療従事者が出勤できない・その為病院がマンパワー不足で業務が回せないという事だ。

現に、私が働いている職場周辺の救急指定病院は数カ所あるが、救急車の受け入れをストップしたり、外来が閉まっている、クラスターが起こっている病院もある。

主要病院がこのような状況であると、周囲の病院や自宅で緊急で治療が必要な患者さんがいる場合、受け入れ病院を探すのが困難な状況になっている。

 

また、私自身の病院は独身者が少なく、家族持ちの割合が多いため、本人が感染していなくても家族(特に子供が)感染した→職員が無症状でも濃厚接触者になった事で2週間出勤停止という対応だ。

実際私も一昨日、娘の学校のクラスの子に感染者が出て、席が隣だったため学校から『娘さんが濃厚接触者になりました。』と連絡があった。

家族が感染または濃厚接触者になった場合、職場長の判断を仰ぐことになるがその職場長も子供が感染し濃厚接触者扱いで2週間お休み中なのである。

電話で職場長に事情を伝え、学校の対応を聞かれた。

学校の対応としては『感染者が増えすぎてPCRが受けられない現状なので、今週まで出席停止で無症状であれば月曜から登校していいです』との事。

つまり、登校前にPCRはしなくていいとの事だった。ちなみに、PCR検査はどこも溢れており予約すら取れない状況。

その旨を職場長に伝えると、『それじゃ、キナコさんは夜勤だから今からPCRを(職場に)受けに来て。それで陰性なら夜勤お願いね』と。

自分じゃなくて、まずは娘を検査したいと伝えると『職員の検査はできるけど、家族は受けられないんだよ』と。

じゃ、娘がもし陽性であっても私が陰性なら出勤して良いのか。

子供が陽性で職場長は陰性だけど2週間休んでるのに?

 

あなたは休んでるのに私は出勤しなくちゃいけないの?って怒っているわけではない。

ただ、病院内でも病院ごとでも対応が違いすぎるのと、この対応で出勤できるスタッフが16時間以上ぶっ続けで働かざる終えない状況である事・自分は出勤するために職場でPCRを受けれるのに濃厚接触者である家族は受けられない事、これが非常に良くないと思っている。

実際私は陰性だったため、今日から出勤する。

だが、夫の職場はどうしても娘のPCR検査を受けさせてもらわないと出勤させられないと。

だから、無症状はどこも予約がいっぱいで受けられないって言ってんのに。

 

昨日のニュースで医療従事者が出勤できない状況で病院業務が逼迫している事が問題→医療従事者が濃厚接触者になっても毎日検査すれば出勤可能とマニュアルを変えるとの速報が流れていた。

オミクロン株はデルタ株に比べて重症率が低い、潜伏期間が短い、菌が抜ける期間も早いとのことなので、コロナだからと一括りで今までの対応ではなく、対応を早急に見直して全病院に対応統一を早急に望む。

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-沖縄の事

© 2022 キナコの暮らし