アップル

iPadmini5とiPad Pro11インチ、2台併用でわかったそれぞれのメリットとデメリットをサクッと紹介

スポンサーリンク

現在進行形で2台のiPadを使用中のキナコです。

 

使用しながら

  • こっちはこれが良い
  • だけどこれが良くない

 

としっかり特性が見えてきました。

 

2021年 M1チップ搭載のiPad Pro12.9インチ・11インチが発売

ちらほらと、iPadmini第6世代の噂もあり

iPadがとても注目を浴びています。

 

この記事を読んで分かること

iPadのサイズ違いの特性が分かる

 

 

皆さんのiPad購入の参考になれば嬉しいです。

 

iPadmini第5世代

発売から2年経過した【iPadmini 第5世代】を今更迎えた理由

以前、こんな記事を書きました。

 

デメリット

画面が小さい

iPadProに比べてペンシルの書き心地にやや遅延を感じる

miniの割には値段が高い

スピーカーが下部にしかない

横置きして動画視聴しようとすると、片方(右側のみOR左側のみ)からしか音が聞こえません。

 

メリット

とにかく軽い

サイズと重さ、これ最強です。

長時間持って使ってもストレスがない

軽さゆえのこのメリットに至ります。

最高です。

外出時の鞄を選ばない

女性は小さい鞄をお持ちの方も多いでしょう。

鞄に困る事が無くなります。

 

コンテンツ消費(読書・ネットサーフィン・YOUTUBE)に最適

 

 

iPadPro11インチ(2018年モデル)

 

デメリット

高い

重い

ベゼルレスはかっこいいけど、持って使用するには画面に手が触れるのでストレスになるときがある

 

 

外出時は鞄を選ぶ

セルラーモデルを購入したのですが、一度もSIMカードを入れて運用したことがありません。

 

なぜなら

 

外でアウトプットしたいなーっと思ったらiPad Pro11インチを持ち出すよりMac+iPadmini5の組み合わせが一番快適に作業できるからです。

 

 

メリット

とにかくペンシルの書き心地が最高

これ最強です。

iPadminiで書いてみて初めて気付いた事です。

Proモデルがイラストレーターさんに多い理由がわかります。

 

  • スプリットビューをしながらノート代わりに使って勉強
  • 絵を沢山書く人

などは12.9インチが良いですね!

 

音質が最高

スピーカーが上下に付いているため、横向きにしてもどちらからも音が聞こえ音質も良くBluetoothスピーカーが必要なくなりました

 

動画がストレスなく見れる

 

 

雑誌が読みやすい

 

 

まとめ

一番低価の無印iPadなら安価で購入できるといっても、数万単位なので一般人には簡単に変える金額ありませんよね。

 

だからこそ、自分がやりたい事がしっかり決まってからどのiPadを購入するか決めた方が失敗はありません。

 

やりたい事が決まってなく、とりあえずiPad欲しいな

って思っている方は汎用性がある11インチはとてもおすすめですが

 

私のように重さと大きさがストレスになってくるとminiサイズが強烈に欲しくなります。

 

それぞれの大きさの特性をしっかり吟味した上で購入検討されてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-アップル

© 2022 キナコの暮らし