ナース 沖縄の事

今からコロナワクチンを打ちに行くのだ!〜沖縄コロナ感染者拡大〜

スポンサーリンク

コロナワクチンの第一優先接種者の対象となる医療従事者。

 

以前こんな記事を書いた。

 

コロナウィルスワクチン接種の件で、ゴテゴテになった職場

第4波は予想以上に感染者が急増。

 

 

キナコの職場では高齢者が多いため、肺炎を発症する患者さんが多数いる。

 

 

そんな状態悪化の際に受け入れとなっていた総合病院のベットが満床で搬送できない状態になっている。

 

病院というのは役割があり

  1. 身体的な治療ができる病院
  2. 落ち着いたらその後をみる病院
  3. そこでも落ち着いたら自宅か施設

一つの病院がすべての事ができるわけではない。

 

そんな大変な状況の中、医療従事者のワクチン接種は任意であったため、キナコは見送っていた。

 

 

見送った理由としては

  • ワクチン接種者の前例があまりないので副反応が不安
  • 接種者の状況を少し様子見したい
  • 接種開始時には感染者はまだ少なかった
  • 元々ワクチン系に弱い→発熱や倦怠感が著名で仕事に影響がでる

これらの理由で、第1期のワクチン接種は一旦は

今は打たない

という判断を下した。

ワクチンを受けたくても受けられない人がいるのは承知

 

 

 

しかし、それから2ヶ月ほど経過した現在、打たないって言ってられない状況になってきた。

 

  1. 感染者が急増しており、仕事上も状態悪化の患者さんの搬送先が見つからないほど医療逼迫している
  2. 家族内感染が多い→自分が感染したら子供に感染させるかもしれない
  3. 守られた環境の病棟患者さん達に自分が感染させてしまうかもしれない
  4. ワクチン接種するナースの人材が足りない

 

ということで、ワクチンに耐えられるか不安ではあるが、自分は元より周囲の大切な人たちの為にも接種を決断した。

 

職業柄、

点滴

採血

注射

どれも得意中の得意だ。

 

 

しかーし

 

注射されるのは

失神しそうなほど嫌いなのだ

だから、キナコがナースとして注射業務をしている時、怖そうな表情や目をつぶっている人の気持は痛いほどわかる。

 

今日のワクチンも大嫌いな筋肉注射だが、これは致し方ない。

 

そしてワクチンをしっかり2回打って、効果が出てくるであろう時期に達したら

 

職場外で急募しているワクチンナースとしてヘルプにいこうと思っている。

 

 

2回のワクチンに果たして耐えられるのか。

 

ナースの免許を持っているからこそやるべき事がある

 

と言い聞かせよう。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-ナース, 沖縄の事

© 2022 キナコの暮らし