アナロググッズ

【5年日記】【万年筆デビュー】購入品紹介〜過去の自分と家族を振り返る〜

スポンサーリンク

皆さん日記は書いていますか?

 

キナコは数ヶ月前までは書いていませんでした。

 

システム手帳導入した機会に日記を書き始め

  • しんどい事を吐き出すことができる
  • 書いたらスッキリする
  • 後から見直して、この時こんな事思ってたんだなと自分を振り返る事ができる
  • 家族のその時の一瞬を思い出せる

書いていくうちにこんなメリットに気づき、今もシステム手帳に毎日書き書きしています。

 

 

今回の5年日記を購入した理由は

  1. システム手帳の毎日日記は続けていくけど、子供に特化した日記を別で作りたい
  2. システム手帳は一年単位でしか見れないけど、5年日記(3年・10年もあり)であれば、同じ日に何があったのか、何を思っていたのかを振り返る事ができる
  3. 子供の成長記録と家族の事を記録に残したい

 

 

こういう理由でした。

 

年単位で書く連用日記は、主に3年・5年・10年の3種類があります。

なぜ5年にしたのか

  • 3年日記はスペースが広すぎる→あくまでも一言日記として無理なく運用していきたい
  • 10年日記はスペースが狭すぎて、10年後は子供達はすでに成人している

 

この2つの理由で5年で試してみる事にしました。

 

これは使う人の用途によって変わってくるのと、書くスペースの好みがあるので是非しっかり中身をみて購入されてください。

 

最初5年日記を探している時、A5サイズの日記を購入するつもりでした。

 

  • 年単位で使うものだからスペースを取りたくない
  • とにかく表紙と中身が好みの色とデザインが良い

 

この2つに絞って探していたんですが、渋いデザインの物や中身の紙が好きではなかったり、理想の手帳は中々見つからず。。。

 

 

その時に、この手帳と出会いました。

最初この手帳を触った時に小さいかな と感じましたが

 

5年書き続けてその後も保管し続けるなら、このぐらいの大きさが良いのでは

と思い購入にいたりました。

サイズはバイブルサイズです。

一番の購入理由は、なによりデザインが好み。

 

使い続ける物のデザインは妥協はしたくないのです。

 

これもまた大好きなロロマクラシックと同じように表紙が固く、古書の様。

システム手帳 | 2個使いが語るロロマクラシックの魅力

 

好みの物だと、さあ、書こう!という気持ちになりますよね。

 

中身はこんな感じ

 

表紙を開けてすぐのページ

毎年一年の初めに想うことを書けます。

右のスタートページも可愛い

次は日記部分

4行構成ですね。

至ってシンプル。

 

同じタイプの3年の物は6行

 

10年タイプの物は11行と広くなりますが、日記自体がかなり分厚くなりますね。

 

最後のページは

 

毎年一年の終わりに想うことを書く事ができます。

 

この3部構成で本当にシンプルな作りとなっています。

 

小さい写真など貼り付けたい場合は、少しメモ欄がある手帳の方がいいかもしれません。

 

 

もう一つの購入品

 

preppyの万年筆

前回の記事でも書いたように、万年筆を使ってみたいという欲にかられています。

 

メンテナンスの点で自分に合うか合わないかわからないので、いきなり高い物は買えません。

 

このpreppyは新登場のコーナーに置いてあり、400円ちょっとでした。

 

まあ、普通のボールペンに比べれば少し高いではありますが、これで万年筆を体感してみようと思っています。

 

 

 

こんな感じで購入品紹介でした。

 

連用日記を検討されている方の参考になったら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-アナロググッズ

© 2022 キナコの暮らし