アナロググッズ

【マイクロ5手帳】持ち歩き手帳 | ASHFORD シルフの使い方

スポンサーリンク

システム手帳3冊とノート1冊を毎日使用している中で、持ち歩き専用の手帳の使い方について紹介しよう。

 

手帳デビューで最初に購入したサイズはミニ6サイズ。

 

手帳=とりあえず持ち歩きたいという事で、実際東急ハンズで触ってみて決めたサイズだ。

 

ちなみに、手帳デビューはPLOTTERだよ!

 

これを1ヶ月ほど使用してみて思った事。

 

シンプルが魅力で購入したPLOTTER。

 

  • 手帳自体にポケットが欲しい
  • キャッシュレスに移行して財布も小さくしたから、手帳ももっと小さい物で活用したい

 

こんな風に変わってきた。

 

 

ミニ6より小さいサイズはマイクロ5(m5)。

 

しかし、m5サイズを導入するに当たって、購入を悩む大きな理由がでてきた。

 

  • リフィルの種類が少ない
  • m5の手帳も、リフィルも取り扱い店舗がない

 

手帳デビューの時、当初はバイブルサイズを購入するつもりだったが、実際手にとってみてミニ6に変えたのには、やはり実物を触って持ってみた印象というのはとても大事だと実感している。

 

 

だが

  • やはり持ち歩き用はとにかく小さい手帳で活用したい
  • 小さいバックにもストレスなく入る手帳を持ち歩きたい

 

という理由で、上記の解決策を見つけて購入に至った。

 

  • リフィルの数が少ない→ネット購入で、自分の使い方に合わせていくor自作する
  • 取り扱い店舗がない→youtubeなどで何度もマイクロ5の動画を見て自分の使い方に合っているかイメトレする

 

 

ということで、今回Amazonで購入に至り、1ヶ月使用してみたので紹介しよう。

 

購入した物

 

まずは色に惚れたよね。

 

このグレージュ、大好き。

 

革も柔らかくて最高。

 

ASHFORDさんのカラーはトープ

 

やっぱり、店舗で見たほうがいい。

 

 

この画像もだが、どこのネットショップの画像をみても、実際の色と大分違う。

 

キナコは、近くの書店にサイズ違いのミニ6が置いてあったので、革の感じや色は実際手にとって確認できていたので購入を決める事ができた。

 

ネットの画像ではベーシュ寄りに見えるが、実際の色はグレージュで暗めの色になる。

 

手帳デビューの際にPLOTTERとシルフのミニ6と悩んだぐらいお気に入りの革の触り心地と色だったため、こちらのm5サイズを購入する事にした。

 

 

 

 

サイズ感はこんな感じ。

 

スマホと同じぐらい。

 

 

手帳なので使い方で厚みは増していくけど、大きさは理想通り。

 

 

 

開くと、

  • 左側にポケットが2個
  • 右側に差し込みポケット+カード入れが3ポケット

リング径は8mmとかなり小さい。

 

リフィルを詰め込みたい人には不向きだ。

 

あくまでも、最低限の情報を持ち歩きたい人には向いている。

 

キナコの場合、この手帳一つで運用しているわけではなく、あくまでも持ち歩き用のサブなので8mmで小さいノートみたいに使っている。

 

もし持ち歩きだけど、手帳一つしか使わない!買わない!と決めている人は、もう少しリング径の大きなマルデンなどがオススメだ。

 

 

次に、この手帳を運用していくに当たって、一緒に購入した物

手帳購入時にリフィルやディバイダーなどの付属品は付いていない為注意

 

まずはリフィル

これを買った理由は特にない。

 

近くの店舗でこれしか売ってなかったというところ。

 

これでうまく運用できたら、違うリフィルを購入してみようと思う。

 

次、

 

 

AmazonではPrime対象になっていない商品もあり、元値より高かったためASHFORD公式サイトより購入。

 

使い方

まずは左のポケット

  • 一番奥の取り出しにくいポケットは子供3人の健康保険証
  • 手前の取り出しやすいポケットは、必要書類と小さいシール

 

 

 

最初のブックマークを開くと

 

 

  1. やらなきゃいけないタスクを付箋で管理
  2. やったら付箋を捨てている

 

 

今年一年、子供の部活の保護者会長になってしまったため、すでにやらなきゃいけない事が沢山だ。

 

もうすでにタスクが満杯で、やらなきゃいけない事とやりたい事が混在しており、どうしてもやらなきゃいけない事に追われてしまうので、

会長をやるこの一年は、この手帳を会長専用手帳に変更しようと考えている。

 

次のページ 買うものリスト

 

これは、スマホで管理していたが、手帳に変更してみたら確認しやすいので手帳管理することにした。

 

家族から

あれが無くなったよー』

これ買ってきてよー

と言われる際に、すぐに手帳を開いて、付箋を移動し、出先で必ずこの買うものリストをチェックしている。

 

 

買い物リストなどは、スマホで便利なアプリなど沢山あるが、キナコの場合、手帳の方が買い忘れがなくなった。

 

これは、手帳が好きだから常に触りたいからかもしれない。

 

キナコは、多めに買って常備しておくタイプではなく、無くなった時に最低限の量を買うタイプなので、無くなりそうなタイミングで手帳を開いて付箋を移動している。

 

そして出先でチェックがルーティーンとなったため、買い忘れがなくなった。

 

次はマンスリー。

 

スケジュールは変更があるので、基本的にはスマホのグーグルカレンダーで管理している。

 

ここでのマンスリーは、変更がない予定と自分時間を確認するための物。

 

ブックマークには付箋で○日に○をやるという急ぎではないけどやらなきゃいけない事を付箋で貼っている。

 

 

次にやりたいことリスト

 

  • ランチに行きたい
  • 本を読みたい
  • エステに行きたい
  • 帰省したい
  • キャンプしたい
  • ディスニーランドに連れていきたい

とにかく実行したい事を思いついた時に書いている。

手帳を開いた時に常に見て、やりたいことをやれるようにする為にはどうしたらいいかを常に考えて実行に移せるようになった。

 

 

次は子供達の情報

 

子供が3人いたら、誰が何年何組、出席番号何番なのか、もはや記憶できるわけがない

 

この、何年何組何番ってのは、それぞれの学校の書類で書かなきゃいけない場面が以外に多い。

 

その度に「○○、何組ー?先生だれだった?何番?」と毎回聞いていたが、その手間が無くなった。

 

 

 

次は

左側

  • キナコ・キナコ夫の職場の住所と連絡先
  • 子供達の学校の連絡先

右側

  • 固定費
  • クレカ3枚の締日と支払日

 

持っているペンの在庫状況(同じペンや近い色を買わないようにする為

 

 

最後に

 

差し込み式カードケースに

 

  • 2匹のワンちゃんの診察券
  • 銀行カード
  • キナコのかかりつけの耳鼻科の診察券

 

右側ポケットに良く使うポイントカード2枚

  • コーヒー豆を買いに行くKALDI
  • 文庫本を買いに行くブックオフ

これでカードケースの運用をやめてこちらに移動した。

 

最後に、愛用しているペンはこちら

 

 

ペンは細いタイプが好み。

 

だけど、手帳用の短くて小さいペンは、0.5 mmしか店頭に売っていないし高い。

 

この手帳のペンホルダーは愛用のペンは入らない(ペンホルダーが稼働式ではない

 

このペンホルダーはいずれ、好きなキーホルダーでも付けようかと思っている。

 

革が痛むかなと思いながら、このスタイルで持ち運びしている。

 

使っているバンドは、スタバのバンド。(メルカリで購入)

 

これのちょっと難点が、出先で手帳を開く度に、毎回バンドを外して、手に持っておく必要がある。

 

だけど、バンドがなければパカパカ開くのもストレス。

 

なので、近々、フラップがあるタイプのm5手帳を仲間入りさせて、このシルフは会長専用にしようと思っている。

 

 

以上、今回は初めてのm5手帳の使い方について書いてみた。

 

 

まだまだリフィルも少ないし、活用がうまく行かない人もいるかと思うので、参考になれば幸いだ。

 

スマホのアプリも便利だが、この革製品を愛でる時間も幸せ

 

次は、メイン使いのロロマクラシック・バイブルサイズの使い方紹介するよー!

 

おしまい

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-アナロググッズ

© 2022 キナコの暮らし