美容

年齢を重ねお金をかけなくなった事と、投資をしている所〜綺麗なおばさんになるために〜

スポンサーリンク

シミが増えてる

 

顔が弛んできたし、ほうれい線も目立ってきたなあ。

 

などなど、いつまでも綺麗でありたい女性にとって、年齢を重ねて行くことはマイナスイメージ。

だけど、誰でも年はとるもの。

 

そしたら綺麗に年を重ねていきたい。

 

キナコは、20代で独り身だった頃、毎日洋服を買いあさり、貯金はほぼなし。

 

今考えれば、散々洋服にお金を浪費してたなあ、と思う今日この頃。

 

 

結婚し、出産し、子供たちは小中学になり、中々のいい年齢になったが、

 

綺麗なおばさんになるために、お金の使い方が大分変わった。

 

若い頃の使い方はその時にしかできない浪費なので後悔はしていない。

 

だが、年齢と共に、お金の使い方が変わってきてたのでここに書き留めておこう。

 

 

お金をかけなくなった物

洋服

 

流行は、必ず一周回ってくる。

 

毎年同じ洋服がイケてるわけではない→イケてるってワードがおばさんだが。

 

なので、流行に左右されずに、とにかくシンプルな洋服を着回している。

 

 

一着5000円以上の洋服を買うことはほぼ無くなった。

 

ここは沖縄なので冬服はあまり必要ないっていうこともあるが、、、、。

 

 

腕時計

高級時計に憧れ、ロレックスやオメガを付けているときもあった。

 

もちろんローンで、背伸びして。

 

 

高級時計じゃなくても、インスタで流行している腕時計があれば、それを買ってみたりした事も多々ある。

 

高級時計は、オーバーホールが必要なんて知識もなく付けていたから、後から痛い目にあう。

 

アップルウォッチが登場してからは、もうここから浮気していない。

 

アップルウォッチがあれば財布もいらないし、iphoneを鞄やポッケに入れてても通知が確認できる。

 

 

こんな便利な物はない。

 

プチプラの洋服に、サラッと高級時計を付けている男性には釘付けになるけどね。

 

基礎化粧品

 

これは、すべて安いものに買えたわけではない。

 

年を重ねていく過程で、毎日の肌のお手入れはかなり重要だ。

 

 

厳選して、基礎化粧品(クレンジング・洗顔・化粧水・乳液)の4つだけをネット購入でコスパが良いものに変えた。

 

それまでは、デパコスの1本5000円〜15000円程度の物を使用していた。

 

お金がどんだけあっても足りん。

 

だけど、その浮いた分のお金で、スペシャルケアに重点をあてて投資しているから下に書こう。

 

化粧品

 

ドラックストアで安くて質が良いものが沢山ある。

 

たまに、デパコスの5000円ぐらいするリップとかアイシャドウとか無性に欲しくなるが、随分買ってない。

 

というか、欲しくなるので、ショップには行かない。

 

ベースのメイクはノーファンデ。日焼け止め塗ってお粉のみ。(お粉はアルビオンだから高い)

 

 

お金を投資するようになった物

お肌のスペシャルケア品

上にも書いたように、ベースの基礎化粧品はコスパが良い物に変更。

 

その代わりに、プラスの手入れ代に回している。

 

日焼け止めは欠かさず常に持ち歩く(クリームタイプのウォータープルーフ)

 

これは、本当にマスト。

 

いままで、これを怠っていたから、シミができたのだ。

 

シミのないお顔に戻すために、どれだけ大変だったか。

 

日焼け止めは

  • 自宅で朝化粧する時用(据え置き)
  • お出かけの際にこまめに塗り直し用(鞄に携帯)

で常に2つ手元にある。

 

 

晴れている日はもちろん、曇っていようが、雨が降っていようが、台風だろうが、どんな天気であれ、日中は必ず日焼け止めをこまめに塗っている。

 

なので、消費も中々。(1本2500円のお気に入りの物を5年以上使用し続けている。多分浮気しない。)

 

 

2年に一回お肌改善(オバジニューダーム)

 

シミに悩んでいた時に、元美容皮膚科で働いていたナースの先輩からアドバイスをもらい、オバジニューダーム治療をやってみた。

 

過程が強烈なので、みなさんにおすすめはしない。

 

シミを絶対に無くしたい!という強い決意がないと、これはできない。

 

 

これは、美容皮膚科に受診し、医師のアドバイスをもらいながら行うものだ。

 

それぐらい過程が地獄なので、体験談は今後書こうと思っている。

 

 

オイルと美容液

 

これは、けちらない方がいい。

 

最終的なお肌に乗せるものなので、とても肌に大事だ。

髪のケア

2ヶ月に一回は美容室

 

身だしなみはとても重要だ。

 

ぱっと見た目、髪の手入れを怠っていると、老けて見える。

 

2ヶ月すると、徐々に毛量が増えたり、伸びてくるので、カットだけでも行っている。

 

何より、プロにシャンプーしてもらうだけでも、癒やしだ。

 

 

美容室使用のシャンプー・トリートメントをアマゾンで安く買う

 

市販のシャンプー・トリートメントは安くて良いが、刺激が強いためパサつく。

 

かといって、美容室で売っている物はとても値段が高く、とてもじゃないけど続けて使用が難しい。

 

美容室使用品の質が良いヘアケア剤をyoutubeで現役美容師さんがおすすめしていたので使ってみたら、本当にとても良く髪質も変わった。

 

店頭では購入せず、ネットで半額程度で書い続けている。

 

 

一ヶ月に一回まつげパーマ

これは、本当に化粧タイムの時短。

 

キナコは逆まつげなので、完全にまつ毛が下に向いている。

 

これをばっちりあげようとすると、ビューラーでは持ちが悪い・ホットビューラーも使ってみた時期もあるが、まじで毎日めんどくさい。

 

10年通い続けているまつげパーマは当初1000円。

 

今は値上がりして1250円になってしまったが、毎日のメイクの苦労を月1回の1250円で済むならこっちがベスト。

 

ジュエリー

これが一番言いたかったポイント。

 

洋服にお金をかけず、シンプルな洋服をきても、良いジュエリーをさらっと付けている女性はとても魅力的だ。

 

 

まったくジュエリーに興味がなかった若い頃。

 

そりゃ、500円〜1000円の安いリングやピアスはファッションでは持ってたよ。

 

だけど、そうじゃないんだよ。

 

なんでもメリハリ。

 

お金を削るところと、お金をかけるところのバランス。

 

キナコは、白シャツ・デニムに、さらっと良質なリング・ネックレス・ブレスレット・ピアスを付けれるおしゃれなおばさんになりたいのだ。

 

 

今身につけているジュエリー達は、娘たちに母ちゃんの形見として譲る予定。

 

 

○○はこれー。○○はこれー。と、もう何を貰うかは娘たちで決めているようだ。

 

うん。可愛い笑

 

 

ジュエリーは一生モノ。

 

 

お金の使い方は変わっていく

 

 

その時にしかできないお金の使い方がある。

 

その年齢の時に似合う物がある。

 

それを見極めて年齢を重ねていきたい。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-美容

© 2022 キナコの暮らし