ナース

コロナで出向の話は突然に〜コロナウィルス・クラスター〜

スポンサーリンク

沖縄では宮古島でクラスターが発生。

医療逼迫により1月31日より自衛隊の看護師さん達が医療支援を開始している。

 

同じく沖縄本島でも毎日80名前後の感染者がでており、院内は大変な状況だ。

 

そんな時、一通のお知らせが突然やってきた。

 

同科の近隣病院からクラスターが発生している。

 

病棟スタッフも濃厚感染者で休まさなければいけない状況であり、大幅な欠員で院内業務が機能していない。

 

出向依頼。

 

 

 

 

私だけではなく、職場全員に配布された通知。

 

しかも、行く・行かないの有無は書いておらず、【いつから行けますか】と日にちを記載する欄のみ。

自分の職場でも、一人休めばそれを補うために、カツカツな勤務ではあるが、これは協力し合うしかない現状。

 

そう、看護師の免許を持っている現場で働いている限り、助け合うしかないのだ。

 

 

形は出向にはなるけど、まったく違うところで働くとなれば、患者さんの名前や、出向先のやり方や物品の位置を覚えないと、急変があった時に対応できない。

 

これは、新人に戻ったのと同然だ。

 

少ないスタッフで回しているのに、そこで外部者が何度も同じ事を聞いてはならない。

 

即戦力とはこの事だ。

 

 

 

自分だけが大変じゃない。

 

自分にできる事を頑張ろう。

 

 

 

 

 

コロナ下で出向になっても、このブログは続けていくからね。

みんな遊びにきてね。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-ナース

© 2022 キナコの暮らし