ナース

夜勤での不思議体験〜看護師20年で数回だけあった出来事〜

スポンサーリンク

長年看護師をしていると、不思議体験を何度か経験した事があります。

 

霊感があるとかないとかではなく、あくまでも不思議体験なので、怖がらずにこんな事もあるんだーって感じで、軽く読んでいってくださいね

 

仮眠中にお線香の煙と匂い

キナコは新卒3年目で、責任ある仕事もある程度頼まれるようになってきてた頃の夜勤の話です。

 

急変は日常茶飯事で人工呼吸器の患者さんが数人いらっしゃるようなとても忙しい、仮眠もほぼ取れない病棟でした。

 

 

お腹がすいて、休憩室に行って夜食を少しだけつまんでいる時に、急激に眠気がきて、10分だけアラームをかけて机にもたれかかって座ったまま爆睡していました。

 

 

その時、プーンと何が匂ってきて、『仕事中だ!』と目が覚めると、目の前に煙があり完全にお線香の匂いでした。

 

次に休憩室に来た先輩も、『なに!?ここお線香の匂いがする!』と言ってましたね。

 

そのまま寝坊せずに仕事に戻ることができました。

 

 

仮眠中にドアノック

 

10年目の職場での体験です。

 

夜勤はナース一人、助手さん一人の計2人でした。

 

ナースが仮眠に入っている際に、トラブルがあったら【起こされる】という事はたまにありました。

 

その時も、ドアが『コンコンコン』と3回はっきり聞こえたので

 

はーい。何かありましたかねー?

 

と扉を開けると、誰もいない。。。

 

 

 

 

ナースステーション内に仮眠室があったので、相方の勤務者がいるデスクに行ったら、逆に『あれ?どうしました?寝ないんですか?』と聞かれました。

 

 

ノックした人は、相方ではなかったんだと察して【何もないよー】と仮眠を取るのをやめました。

 

その直後、トラブルがあり結局起きててよかったという事がありました。

 

 

 

 

詰め所前のエレベーターが空いたけど無人

この時は、夜勤中に座っているデスクの目の前に、エレベーターがある病棟でした。

 

夜中2時すぎに、パソコンにむかって記録していると、下からエレベーターが上がってきたのに、空いたそこには誰も乗っていない事がありました。

 

その後、特に大きな仕事中の変化はありませんでした。

 

カーテン裏に前日お空に行った校長先生

この話はキナコの看護師人生の中で一番記憶に残っている出来事です。

 

末期の患者さん(元校長先生)が、病状が進み痛みも強い影響で、常に怒っている方が天国に逝かれました。

 

その方はキナコの受け持ち患者さんで、入院時から最期までとても密に関わらせていただき、いつも先生からお説教を受けていました。

 

 

 

 

若い経験の浅いキナコは、その怒っている理由があまり理解できませんでした。

 

その患者さんが逝かれた翌日、キナコは夜勤でした。

 

その元校長先生のお部屋は違う重症患者さんがすでに入室されていたんですが、状態を見にいった際に気配を感じ、窓の方を見ると、とても笑顔で立ってらっしゃいました。

 

はっきりと見えたわけではなく、ぼやっとした感じですぐに消えて行ってしまいましたが、生前あんなに怒ってた校長先生の顔がとても笑顔だったんです。

 

その時はまったく怖いという感情はなく、むしろ『ありがとうございました』と心の中で想えました。

 

 

不思議体験をして思うこと

 

人の生死に関わる病院と、一番近くで接している私達看護師だからこそ、不思議な体験をしてもおかしくはありません。

 

この体験は、どれも患者さんからのメッセージだと思っています。

 

会いに来てくれたのかな。

 

皆さんゆっくりお空で過ごせますように願っているキナコでした。

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-ナース

© 2022 キナコの暮らし