便利グッズ

HHKBがとても欲しいと言う話

スポンサーリンク

  • なぜHHKBが欲しいのか
  • HHKBの概要
  • 購入を迷っている理由
  • まとめ

をまとめました。

なぜHHKBが欲しいのか

ノートパソコンを使用してますが、別売Bluetoothキーボードを初で購入した理由があります。

まずノートパソコンの下を向く角度が長時間の作業で疲れる。

そのため、まずはパソコン画面の高さを上げるためのパソコンスタンドを購入。

スタンドの移動が億劫になり、次はパソコン裏に貼り付けるマジェックスタンドを購入。
(共にYouTubeから情報収集)

パソコン画面をあげたのは疲れなくなりましたが、今度はその角度でタイピングする事で手首が疲労しました。

そこでapple純正のマジックキーボード(英治配列)購入。

最初はmacbookのキーボードと同じ打鍵感で良し と思っていましたが、キーボードがペラペラで深いストロークのキーボードがないものか と探し始めるとyoutubeで見つけてしまいました。

HHKBの概要

特徴

高速入力に最適なチャタリングのない静電容量無接点方式、長時間の使用でも疲れない理想的なキータッチと長寿命

Bluetooth接続とUSB接続(Type-C)、キーマップ変更機能、Speed(高速タイピング性)とSilent(静粛性)に優れる「Type-S」のキー構造。

さらに、合理的なキー配列と傾き3段階調節など、望み得る機能をすべて備えたキーボードです。

無接点で(底付きなしに)スイッチングする「静電容量無接点方式」により、深いストロークと極上のキータッチを実現。

しなやかで心地よいタッチが、タイピングに喜びという価値を付加します。

また「HYBRID Type-S」には高速タイピング性(Speed)と静粛性(Silent)に優れたキー構造を採用しています。

ショートカット操作に適した合理的キー配列

「プログラマーが理想とするキー配列のキーボード」

ミニマルなキーが合理的に並んでいるためホームポジションから手を移動させる必要がなく、本質的にスピーディなタイピングが可能です。

この特性は、「Control」「Fn」キーとのコンビネーション打鍵によるショートカットを駆使することでさらに高まります。

持ち運べるコンパクトサイズ

無駄を削ぎ落としたキー配列によって実現したA4ハーフサイズ強のコンパクトなサイズ。

お気に入りの万年筆のような感覚で持ち運べるため、外出先でも“マイ・キーボード”として、HHKBならではのタッチとキー配列を楽しむことができます。

Bluetooth接続とUSB接続(Type-Cコネクター)に対応

「HYBRID Type-S」「HYBRID」はBluetooth接続とUSB接続が可能。

無線と有線を自在に使い分けられるため、デバイスを選びません。

Bluetooth接続ではデバイスをあらかじめ登録(4台まで)しておくことにより、簡単なキー操作で目的の機器とすぐに接続できます。

USBには“逆差し”も可能なType-Cコネクターを採用しており、接続時のストレスを大幅に軽減しています。

高いクオリティを宿すパーフェクトなディテール

すべてのキートップ面を中央方向に向けた「シリンドリカルステップスカルプチャ」、3段階のチルト切り替えでキーボードを好みの角度にできる「傾き調整機能」、耐久性に優れる「サブリメーション印刷」など、ディテールもプロ仕様です。

購入を迷っている理由

それは、ただ一つ。た、た、高い

プログラマーでもなく、webライター×ブロガーとしてまだまだ駆け出しの私にはこの神キーボードは高価すぎる。

それに見合うぐらいの作業ができているのか、、、

本業は看護師です。

しかし、ライター×ブロガーとして生活できるなら1日中タイピングしていたいのです。

これを買えば、確実にタイピングが楽しくなるでしょう。中毒となるでしょう。

迷っている理由が金額なら買うべし なんてyoutuberがいましたが、まさに毎日そう言い聞かせている自分がいます。

まとめ

今すぐにでも欲しいんです

今の目標はライター×ブロガーとしての最初の報酬で購入を目指します!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

キナコ

沖縄県在住ナース。 主婦の私が購入して良かった物紹介/ナースの日常/時々アップル製品の事/時々沖縄の事をぼちぼち更新しています。 主婦の皆さん、是非暇つぶしに覗いてみてください。

-便利グッズ

© 2022 キナコの暮らし